ホーム
MJSとは
幹事
リンク
お問い合わせ
EVENT

8月のMJS(ヤンゴン第33回)会合お知らせ
日時:2015年8月20日(木)18:30〜21:00
場所:KANDAWGYI SWIMMING POOL & CLUB HOUSE
   「WESTERN PARK ROYAL RESTAURANT」
   Web site:https://ja.foursquare.com/v/western-park-royal/
   ADD:Near Bahan 3st Street Bus Stand, Kandawgyi Nature Park, Mahar Myaing Island, Bahan Township
  ※カンドージ湖内の西側です。
   Google Map :16.798677715373973,96.15888925638814
   Tel: 01 554266, 553931

「ミャンマーの村とは何か:日本との比較」

橋 昭雄氏 東京大学東洋文化研究所教授

講演の概要:
ミャンマーの村は日本と似ているという人もいますが、その組織原理や村人の行動様式は、日本の村とは全く異なります。
1986年から今日に至るまで、200ヵ村以上を廻り1万人以上の村人にミャンマー語でインタビュー調査した経験と、日本および東南アジアの農村史研究のサーベイをもとに、ミャンマー村落社会論を展開します。
手に入れることができましたら、拙著『ミャンマーの国と民』を事前に読んできてください。


【高橋昭雄 氏のプロフィール】 
1957年千葉県生まれ。81年京都大学経済学部卒業後、アジア経済研究所入所。
86〜88年にラングーン外語学院学生、93〜95年にミャンマー農業省上級研究員として、ミャンマー(ビルマ)に滞在して農村社会経済を研究。
96年アジア経済研究所退職、東京大学東洋文化研究所助教授。
2002年より同教授。博士(経済学)。
『ビルマ・デルタの米作村―「社会主義」体制下の農村経済―』アジア経済研究所 1992年 (発展途上国研究奨励賞)
『現代ミャンマーの農村経済―移行経済下の農民と非農民―』東京大学出版会 2000年12月(大平正芳記念賞)
『ミャンマーの国と民―日緬比較村落社会論の試み―』明石書店 2012年
などの著作がある。

※会合へのご参加を希望される方は、ご返信を頂けますよう宜しくお願い致します。
若松裕子 yukow.haraschedule@gmail.com
中山さやか sayakanakayama.myanmar@gmail.com 
Copyright (C) 2014Myanmar Japan Society. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system